お湯が落ちないんですけど・・・コーヒー豆の挽き目について


DSC_0197

DSC_0197


 
 
コーヒーをドリップしても、お湯が上手く落ちなくて、いまいち美味しく淹れられている気がしない・・・ 
 
先日のセミナーでもお話したことなのですけれど、このような悩みを持っている方、結構多いのではないのでしょうか?
 
このブログでも過去に何回か解説していますが、私はコーヒー豆は「粗挽き」を推奨しています。
 
私の価値判断で恐縮ですが、市販の粉に挽いてあるコーヒーの多くが中挽きですが、正直なところドリップするには細かすぎると思っています。
 
コーヒーを細かく挽いて、一杯当たりの抽出に使う粉の量を減らすためでしょうか?
 
そんな淹れ方で美味しくなるのは、品質の良い豆を使って、そのような淹れ方でも大丈夫なように焙煎から工夫されたコーヒーだけです。
 
そういった(やや)特殊なコーヒーを販売している自家焙煎店を知っているので、「粉を節約する」淹れ方を否定はしません。
 
しかし、ほとんどのコーヒーでは、このような淹れ方では美味しくなりません。
 
前述の(やや)特殊なコーヒーも、粗挽きで淹れたら、すっきりとしてもっと美味しいコーヒーになります。
 
 
では、どの程度の粗さに挽いたら良いのでしょうか?
 
コーヒーの粗さの目安で、グラニュー糖がよく引き合いに出されますが、あんなの比較になるのでしょうか?
 
グラニュー糖よりやや粗く・・・って言われても、業務用の機械ですらきっちりと大きさをそろえて挽くことは難しいのですけれどね。
 
どの程度が良いのかを知るためには、実際に粗い方から挽いてみて、何回かお湯を注いでみるしかありません。
 
うんと粗いと、お湯は即座に染み込んでいきます。
徐々に目を細かくしていくと、お湯が急に落ちにくくなる挽き目に出くわします。
 
そこから1段階粗い挽き目が、適切な挽き目です。

適切な挽き目では、お湯を少しずつ注ぐと速やかに染み込み、お湯の量を増やすと染み込む速度が追い付かなくて粉が盛り上がってお湯が溜まってきます。
 
その状態でお湯を止めれば、スーッと染み込んでいきます。
 
お湯がスーッと染み込んでいかない様では、細かすぎるのです。
 
コーヒーを自分で入れる楽しさは、「色々調整できる」ことではありますが、逆を言えば、調整しないと上手くいかないという事でもあります。
 
コーヒーを自分で淹れてみたい人、最初から独学で失敗するよりは、素直に誰かに教わった方が良いと思います。
 
ご近所の自家焙煎店でも教えてくれると思います。
 
私も、定期的にコーヒーを淹れるイベントを行っていますので、そこにお越しいただければ丁寧に解説いたしますよ。
 
コーヒーを淹れるイベントについては、こちらのfacebookページをご参照下さい。
 
「コーヒーの粉は粗く挽いて、お湯が落ちる適切な挽き目を確認せよ」・・・一度は確認の為にやってみてください。
 
それでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする