コーヒー焙煎時の煙を除去する方法 ~煙除去器の作製~


コーヒーを焙煎するにあたって、避けて通れないのが焙煎時に出る煙です。
 
田舎の、家の間隔が広いところでしたら、ご近所迷惑にならなそうですが、
 
都市部の住宅密集地ではそうはいきません。
 
高々100g程度のコーヒー豆を焙煎しても、かなりの煙が出ます。
 
私がかつて、手編み焙煎していたときは、それはもう大変でした。
 
キッチンの煙探知機は「火事です!火事です!」と鳴り響き、キッチンは煙で充満。
 
幸い、ご近所は理解ある方ばかりでしたので、苦情はありませんでしたが。
 
この度、コーヒー焙煎所を開くにあたって、一番悩んだのは煙対策です。
 
業務用焙煎機の煙除去器を検討したのですが、お値段は150万円から・・・
 
いやー、それならもっと大きな焙煎機買って、山の中に焙煎所を開いたほうが・・・
 
次に考えたのが、半田付けなどに使うヒューム除去器です。これは小型のものが40万円くらいから。
 
しかし良く調べてみると、ヒューム除去器は人体に有害な成分を除去するのが目的で、それゆえに高いようです。そのうえ、半田から出る量の煙には対応していますが、コーヒー焙煎のような煙の量はそもそも対応していない可能性が・・・
 
ということで、自分で作ってしまえ!ということになったんですね(;^_^A
 
ということで、焙煎機と煙除去器の全体図がこちら

ん~ 実に分かりづらい。
この絵に、空気の流れを矢印で書いてみました。

 
流れを書いてみましょう。
左が焙煎機本体

中央の黒い缶がサイクロン

T字ジョイントを下に向かいます

右下のペール缶がフィルター部分です

白いホースを上に向かって

塩ビ管の排気口から、換気扇に排気します。

換気扇の近くにアルミダクトが伸びていてわかりづらいですが、こっちは実は吸気口です。
諸事情あって、換気扇の近くに口を開けています。
 

この部分がフィルター部です。奥の缶が1次フィルター、手前側が2次フィルターです。
これは市販のペール缶の上と下に開口してホースを繋げたものです。

分かりやすいようにホースを伸ばしてみました。

煙の流れ方を矢印で示すとこんな感じです。

1次フィルタ、2次フィルターを通って煙が除去された空気は排気ポンプを通って、排気口に押し出されます。
ポンプは今回、粉体輸送用のやや特殊なポンプを採用しましたが、今思うと普通のシロッコファンで良かったのでは・・・
 
1次フィルターの中身はゼオライトを使用

 
1次フィルターは煙突と直結しており、可能性は非常に低いんですが火の粉が入るかもしれないと考えて、不燃性の素材を使いました。
 
2次フィルターは活性炭を使用

 
活性炭は、有機成分吸着用のものが各メーカーから販売されています。
 
排気モーターは、煙が通ることを考えて特殊なものを購入しましたが、難しく考えすぎて余計な出費をしてしまったかもです。
まあいいや。

で、排気は最終的に換気扇から外に出します。

 
自分の焙煎機は、最大焙煎量が550g(仕上がり450g)なので、煙突は立てていませんが、換気扇ではなく煙突経由で排気すれば完璧ですね。
 
で、肝心の効果ですが、現在のところ550gの焙煎で深煎りした場合、煙はほぼ完ぺきに除去。匂いがわずかに

「おや?コーヒーの香りがするね」

と感じるくらいで排気される状態です。
ですので、完璧に匂いも除去したければ、ペール缶をもう一つ接続して、3段のフィルターにすれば完璧でしょう。

今回使用した材料と費用:
 
・煙突のダクトなど:3000円くらい
・ペール缶:3000円くらい×2個
・排気モーター:55000円くらい
・ゼオライト:20リットル(30リットル3000円くらい)
・活性炭:20リットル(30リットル10000円くらい)
・工具など:10000円くらい

合計:約87000円

おおっ?そんなものか? なんかもっと使っていた気もするのだけれど、そんなものらしいです。
このシステムの良いところは、焙煎機が大型化して、煙の量が増えたら、単純にペール缶を継ぎ足して、活性炭フィルターを直結すれば良いところですね。
 
非常にローコストです。 
 
今後調べなければいけないことですが、これで何か月持つのか?です。
ゼオライトと活性炭の交換時期を見極めて、最終的にこのシステムのコストパフォーマンスはどうなのか、評価したいと思います。
 
いずれにせよ、格安で煙が除去でき、安心して焙煎ができる環境を自作出来てよかったと思っております。
使い勝手に関しては、今後折を見て報告していこうと思います。
 
それでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする